テーマ:盗聴の基礎

レシーバーは盗聴発見の基本だが・・・

盗聴発見に使う機械の基本はワイドバンドレシーバーだ。 TVに出て来る盗聴発見業者も必ず使っているほどだ。 かと言って、素人さんにも使えるか?と言うと頭をひねってしまう。 厳密に言えば、既存周波数の室内盗聴器限定なら素人さんでもさほど難しくは無い。 市販の盗聴発見機能付のワイドバンドレシーバーなら、既存周波数が入力済みで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盗聴発見器は盗聴器を発見する機械では無い。

盗聴器を探す為に盗聴発見器を買う。 しかし、盗聴発見器として売られている物は、実際には盗聴発見器では無い。 特に、安い盗聴発見器は、単なる電磁波探知機で、電磁波であれば何でも反応する。 逆に、本物の盗聴器には10cm以内で反応!とは私も言っているが、実際には5cm程度でしか反応しない場合が多い。 だから、空中で反応したら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盗聴って何だろう?盗聴器の規制は出来るのか?

盗聴器と言う言葉がある。 しかし、盗聴器と言う機械は実際には無い。 盗聴器と言われて売られている物は、形を変えたワイヤレスマイクに過ぎない。 これ、盗聴器を語る上の大原則。 時々TVなどで、盗聴器の規制は出来ないのか?と言う話が出る。 しかしそれは無理。 そうした話は、この大原則の意味を知らない事でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に盗聴なのか?

「聞かれている」は盗聴なのか? 盗聴かも知れない?と思う原因は「知られている」と言う物が多い。 しかし、知られている=盗聴と考えるのは短絡的だ。 盗聴以外にも知られてしまう事は結構ある。 その一つが、家の構造。 自分が部屋にいるとき、屋外でどの程度声が漏れているか自分で聴く事は出来ない。 家の構造上の問題で外に声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more