テーマ:電波の基礎

電波と言う物を理解する(電波の飛び方)

電波の伝わり方の事を「電波伝播(搬)」と言う。 電波の伝わり方だけを覚え様としてもあまり役に立たない。 電波の伝わり方の前に、電波は光と同じ様な性質である事を理解する必要がある。 光の主な性質は、反射、屈折、回折である。 そして光も電波も「波」の性質を持つ為、波の性質も理解しなければならない。 全部説明すると大変な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波と言う物を理解する(出力と飛距離)

電波は周波数と、出力と、変調から成り立っている。 周波数は今まで書いて来たが、今回は出力と飛距離の関係だ。 時々、電波は何処までも飛んでいくと思っている人がいる。 出力を上げれば確かに一定の距離までは飛ぶ。 しかし、どんなに出力を上げても一定距離以上は届かない。 地球は丸い。 盗聴や映像に使われる電波は直進する為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波と言う物を理解する(変調)

電波の変調は、大きく分けてAM変調(振幅)、FM変調(周波数)、PM変調(位相)の三種類がある。 AMは振幅変調とも呼ばれ、電波の振幅(高さ)の変調で、FM変調は電波の長さに対する変調である。 PMは位相の変化(デジタル等)の変調で、主にデータ通信に使われる。 FM変調の図解 高さは変らず長さ(周波数)による変調 A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波と言う物を理解する(周波数の違による性質の違い)

低い周波数と、高い周波数の性質の違いは、用途に大きく関係してくる。 まず周波数が低ければ乗せられる情報量は少なく、周波数が高くなれば乗せられる情報量は多くなる。 盗聴関係に限定して言えば、情報量の少ない物とは音声通信、情報量の多い物が映像信号になる。 音声通信だけに限定すれば、周波数の違いは音質に関係する。 周波数が低け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波と言う物を理解する(割り当て周波数)

電波の事を知らないと、色々な所で間違った考えが頭に浮かんでしまう。 その一つが、盗聴器の周波数。 好きな周波数を勝手に使えるなどと考えたりしてしまう。 周波数を決めると言う事は、簡単そうに思えるのだが、これが簡単な事では無い。 まず、使用する周波数は何でもOKと言う訳には行かない 用途に有った周波数や変調を選ばなくては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波と言う物を理解する(周波数とアンテナ)

電波と一言で言っても、全てが同じではない。 低い周波数と高い周波数では性質や特性が異なる。 用途に合った周波数や変調が必要になるが、そうした性質や特性の違いを知らないと、どんな周波数でも使えると思えてしまい、不安に際限がなくなってしまう。 それは、1hzと言う周波数を受信できるか?と言う事に集約される。 電波の事を知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more