赤外線投光器の簡単な見つけ方

真っ暗な夜間撮影を可能にする物が赤外線投光器。

赤外線投光器の光はほとんど見えない。

それを簡単に見られる方法がある。

それがデジカメ。

試しに、携帯カメラを通してテレビのリモコンを写し、リモコンのキーを押せば送信部が光って見える。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード

この記事へのコメント

reno
2015年03月10日 15:09
荒唐無稽な話ですがその方法だと第2世代以降の暗視鏡は発見できませんよね?
そそれらに対する方法としてはどんなものがあるのでしょうか
管理人
2015年03月11日 19:47
この記事はそもそも赤外線ライトの話であって、暗視装置の話ではありません。
赤外線を発していたのは第二次世界大戦からベトナム戦争の頃までで、今時の暗視装置は元々赤外線を発していません。