電話盗聴器の仕組みと誤解

電話盗聴器は電話のシステムから理解する必要がある。

電話回線には普段は微弱な電気しか流れていない。
受話器を上げた時に、「プー」と言う発信音が流れた時に、電気が流れる仕組みになっている。

電話盗聴器はその電話線に仕掛ける。
電話線にはL1とL2の二本の線が通っている。
そのどちらか片方だけに取り付ける。
画像


「電話の雑音は盗聴の可能性」と言われるのは、この配線をした時だけの話であり、実際にはこの配線はしない。
何故、この配線だと雑音が出るのか?
この図で言えば、L2の線は本線と盗聴器の2経路になる事で電圧低下が起こり、その為に音量低下や雑音と言った症状が起きる。

しかし、盗聴器の配線の間の本線を切り、1経路にすれば電圧低下は起こらない。
画像


その電圧低下は、盗聴器にも影響する。
つまり2経路にした場合、盗聴器にも電波を飛ばすだけの電力が供給されなくなってしまう。
つまり、雑音が出る配線と言われる物は、電波自体が発信されない。
偽装品などは最初から1経路の配線になっており、偽装品は最初から雑音が出る構造にはなっていない。
つまり、実際の電話盗聴では雑音が出ないのだ。

「電話の雑音は盗聴の可能性」と言うのは、理論上の説明は出来るが、実際には都市伝説の領域の話しである。
逆に、「電話に雑音が」と言って相談して来た時点で、盗聴の可能性は0に近い。

電話の雑音の大半は、コードレス電話特有の雑音の場合が多い。

ここに大きな錯覚がある。
自分の電話の環境しか考慮されない。

自分がコードレスでなくても相手がコードレスの場合でも雑音は聞こえる。
コードレスは、電話をする度に周波数が変るので、コードレスの雑音は一旦切って、かけ直すと結構止まる。

次に多いのが、電話線が冷蔵庫の後ろなどを通っていたりして、電話線に電化製品などのノイズが混入している場合だ。
その時は、電話線を移動すれば雑音は止まる。


さて、電話盗聴器の仕組みだが、電話盗聴器にはアンテナも電源も必要無い。
電源は受話器を上げた時に流れる電気を使い、アンテナは電話線をアンテナとして使う。

その為、電話をする時だけ電波を発信し、受話器を置くと勝手に切れるので、通常は電波を出していない。

この理屈を知れば、光ケーブルに電話盗聴器が仕掛けられない事が理解出来るだろう。
光ケーブルには電気は流れていない、しかもメタル線で無い為に、電話線をアンテナとして使う事も出来ない。
そして、通信も電気信号ではなく光で行っているので、光ケーブルに電話盗聴器を取り付ける事は出来ない。

ADSLのIP電話も、通話信号は音声信号ではなく、パケット通信になっている為に盗聴する事は出来ない。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード

この記事へのコメント

名無し
2015年03月10日 14:43
電話機そのものに盗聴器を仕掛けることはできるのでしょうか?
管理人
2015年03月11日 19:49
出来ない事は有りませんが、現実的では有りません。
2021年04月03日 21:20
★突然、失礼致します。
盗聴・盗撮について調べていたら御社のサイトが検索に掛かりました。
相談させて戴いてもよろしいでしょうか?
大変な困難に直面しています。どうかお知恵を貸して下さい。

去年の10月6日から、間接的な知り合いにより、自宅(二階建ての持ち家)に盗撮・盗聴器を仕掛けられてしまいました。それ以来こちらの言動が筒抜けで、相手のSNS上で仄めかしによる脅迫を毎日受けています。
相手は東京・こちらは愛知です。
遠隔の犯行で、録画・録音機能付きで24時間監視されている状態です。
しかし、犯人が解かっている以上、相手も当然逮捕される訳にはいかないので、TVなどでよくやっているような「コンセントや家具家電などに仕込む」といった簡単な手口は使っていません。
相手は相当のおタクの様で、巧妙に仕掛けがされているらしく、これまで大枚をはたいて3回調査しましたが、現段階で何も証拠が出てこず、警察にも相談しても冷たくあしらわれています。
手口のヒントが解かるようでしたら、どうか教えて戴きたいのです。
※私に妄想や幻覚などの精神疾患はありません。犯人は実在しています。

大雑把な経過はーーー
★去年の10月6日。不自然にTVの録画子機の電源が切れているのに気付きました。
今思い返すと、まさにこの日から盗撮・盗聴による脅迫が始まりました。
犯人のツイッターでの犯行声明。「電線切って・・・」「逃げ場はない」

★11月から12月まで一カ月間、パソコンのハッキング調査に出すが、何もウィルスは出てこず。
パソコンが戻って来てからアナログの手紙まで覗かれていた事に気付き、角度から、二階自室の天井蛍光灯を覆ったところ、相手は「完封された、ちくしょー」。「探してるからね」。
一日だけ盗撮が止むが、その後、パソコンを部屋の全く別の位置においても覗かれる。
背後は電気のスイッチ(小さな灯り用の小窓付き)だけ。
一階台所や居間の行動も覗かれる。

★固定電話には雑音アリ、音量も途切れたり不安定。以前は雑音なんて一切ありませんでした。
100m離れた公園からかけた携帯電話も雑音が入ります。
通話だけでなく家族との会話も聴かれています。
家から数百m離れた公衆電話で盗聴・盗撮器の電磁波周波数の調査を依頼。
これも聴かれていたらしく、犯人は調査当日、「俺は逃げる」と京都へ。
証拠はまた何も出ず。
電源をオフにされてこちらで強制起動させられなかったのか、元々電波を出さない仕掛けなのかは解かりません。

★この頃、家の前の駐車場や隣の空き家の前で白いバンを4~5回、目撃。
犯人は東京住まいなので、もしかしたら関係無いかもしれませんが、いつも私たちの姿をみると逃げ出すような感じです。
バンが走り去った直後、親戚から私たち家族の会話がスマホから聞こえて来たと連絡があった事も。
その通話も突然切れました。

★どうやら任意の灯り(電源)に侵入していると思い、家じゅうの灯りを覆ったところ、
「何も見えなくなった」。そして盗撮は止みました。しかし盗聴は垂れ流し状態です。

★部屋で私が独り言。「(天井の蛍光灯の)リモコン受信機にあるんだよね」
犯人が反応「今、ネタバレ言った?」
リモコン受信部分は盗撮用のカメラにそっくりの小さい赤外線用レンズが付いています。
これをハッキング(?)して盗撮カメラに仕立てることは可能だと、調査に来た方は言ってました。

★コンセントや蛍光灯、スイッチパネルなど家じゅうの電源の目視、分解による調査を依頼。
何も出ず。
※固定電話本体とネットの無線ラン用ルーターは精密機器なので断られる。
ブレーカーパネル(分電器)や家の外壁の電気メーター、電話の保安器、電柱から自宅への送電線などはまだ調べてません。


こんな感じです。
どうも家全体を、一括で電気ハッキングのような事をして、好きな所に侵入している印象を受けます。

このケースで、どこに、どのような盗聴・盗撮の仕掛けをされたか予想できますでしょうか?
的を絞って調査しないと、もう資金が底をついて簡単に調査を依頼できず、何より失敗を重ねると犯人が増長しそうで怖いのです。
素人ですので全く想像がつきません。
もし「こんな方法かも」と解かるようであれば、手口のヒントをご教授して戴けたら幸いです。
ぶしつけで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。