盗聴と言っても色々ある(電波式盗聴器)

盗聴と言っても色々ある。

代表的な物が電波式盗聴器で、盗聴発見と言えばこの電波式盗聴器を調べる事を指す。

その電波式盗聴器盗聴器にも、電池式とAC電源式(永久電源とも言う)があり、室内盗聴器と電話盗聴器がある。
更に、ブラックボックスタイプと偽装品があり、使われる周波数もFMラジオで聞くFM盗聴器、レシーバーで聞くVHF,UHF盗聴器など、色々な盗聴器が売られている。

ブラックスボックスタイプ盗聴器
画像


ワニグリップタイプ盗聴器
画像


コンセントタイプ盗聴器
画像


電卓タイプ盗聴器
画像


最近はUSBから電源を供給するタイプも売られている。

USBマウス型盗聴器
画像


USBケーブル型盗聴器
画像



こうした巧妙な偽装品が売られている反面、こうした盗聴器に対する疑問もある。
例えば、USBマウス型の盗聴器など、使っているマウスが変れば気付くだろう。

こうした市販の盗聴器は、面白い側面がある。
盗聴に関してネットで様々な事が語られる。
その中で「こんな盗聴器で盗聴されている」と言う話が出る。
すると、メーカーがそうした盗聴器を作る。
そして被害と製作の逆転現象が起きる。

そうして作られた盗聴器は画期的では有っても実用性が無い物が多い。

その代表的な物が、リモコン式盗聴器だ。

相手が盗聴していて、疑われそうになればスイッチを切る。
すると、発見業者が来ても見つけられない。

確かに被害者心理からすれば一理はある。

しかし、加害者からすると、これほど使えない物は無い。
盗聴する場合、相手が何時喋るか分からない。
だから常時電波を発していなければ、聞き逃してしまう。
スイッチを切っていて聞き逃してしまえば、盗聴器を仕掛けた意味が無い。
しかも、24時間聞いている訳にも行かない。

その為、発信機は24時間電波を出し、音声起動で録音する方法を使う。

また、リモート式と言っても待機電力は必要で、リモート式盗聴器の大半は電池式だ。
そこで、携帯電話と同じ様に「連続待ちうけ」と「連続通話」の時間違いが関係してくる。

連続待ちうけ時間が長くても、連続盗聴すると電池の消費量が大きく、数十時間で電池は切れる。
電池が切れれば電池を入れ替えなければ使えない。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード

この記事へのコメント