盗聴お悩み相談所

アクセスカウンタ

zoom RSS 電波と言う物を理解する(変調)

<<   作成日時 : 2009/09/17 12:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

電波の変調は、大きく分けてAM変調(振幅)、FM変調(周波数)、PM変調(位相)の三種類がある。
AMは振幅変調とも呼ばれ、電波の振幅(高さ)の変調で、FM変調は電波の長さに対する変調である。
PMは位相の変化(デジタル等)の変調で、主にデータ通信に使われる。

FM変調の図解 高さは変らず長さ(周波数)による変調
画像


AM変調の図解 高さ(振幅)による変調
画像


PM変調の図解 代表的なデジタル電波、正弦波と逆相で0と1を現す
画像


FMにもNFM(ナロー)と、WFM(ワイド)があり、FMラジオやテレビ音声はWFMが使われている。
WFMとは受信幅がワイドで、多少周波数がズレても受信できる。
方や、NFMは受信幅が狭く、ほぼピンポイントで周波数を合わせなければ受信出来ない。

NFMとWFMはスペアナ的に表示させると、受信幅はこの様に違う。

NFMの受信幅は腺でしかない。
画像


WFMの受信幅は帯になる。
画像



主に盗聴器にはNFMが使われているが、FMラジオで聞くWFMの盗聴器もある。
FMラジオで盗聴器が調べられると言う噂があるが、それはWFMの盗聴器に限った話で、WFMの盗聴器は音質の悪さや容易に見つけられる為、滅多に使われる事は無い。
また、NFMにもVHF帯を使う物と、UHF帯を使う物があり、WFMの物をFM盗聴器、VHF対を使う物をVHF盗聴器、UHF帯を使う物をUHF盗聴器と呼ぶ。
現在の盗聴器の主流は、音質の良さからUHF盗聴器が主流になっている。
ちなみにAM変調とFM変調は混信せず、盗聴器にはAM変調は使われていない。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お知らせ

  • 集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール [Kindle版]販売開始
  • 初心者用 盗聴・盗撮発見マニュアル
    電波と言う物を理解する(変調) 盗聴お悩み相談所/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる