アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「技術系」のブログ記事

みんなの「技術系」ブログ


コンクリートマイクと壁

2013/03/17 10:09
コンクリートマイクに付いての質問を色々受けるのだが、中でも苦慮するのが「壁」と言うイメージだ。

質問者の壁のイメージは「壁」と言う画一的なイメージしか持っていない。

「ホテルでの会話を盗み聞くのに探偵社がコンクリートマイクを使用した」

と言う様な記述を見ると、自分の家も聞かれてしまうのでは?と不安を抱いてしまう。

しかしホテルで使えたとしても、マンションで使える訳でもない。

一言で「壁」と言っても一様ではないのだ。

例えば、マンションの隣戸との壁は厚さ15センチ程の鉄筋コンクリートで作られている。
画像


最初は隣戸との壁以外何も無い。
画像


ここに軽量材やプラスターボードで戸内の部屋を仕切って行く。
画像


軽量材で骨組みを作り、そこにプラスターボードを貼り付けていく。
画像


※金属製の骨組みが軽量材、軽量財の中に入れてあるのがグラスウール、壁として貼り付けてあるのがプラスターボード。(天井も軽量材で組まれている)
画像


ビジネスホテルなどは、隣室との壁はコンクリートではなく、この軽量材とプラスターボードで仕切られていたりする。
画像


つまり、マンションの隣戸と、ビジネスホテルなどの部屋の壁とは素材も作りも違う。

このプラスターボードも1枚貼りと2枚貼りがある。

グラスウールは断熱・防音の為に入れられているが、直接聞えてくる音を軽減するだけで、コンクリートマイクに対する防音効果は無い。

ここがややこやしい所だ。

音とは空気の振動であり、空気の振動はグラスウールで軽減される。
しかし、コンクリートマイクは床や壁の振動を読取る装置。

上記の写真を見ると分かると思うが、プラスターボードは軽量材に直接貼り付けられている。

つまり、プラスターボードから軽量材へ直接振動が伝わり、その軽量材から反対側のプラスターボードに直接振動が伝わる。

素材的にも軽量財は空洞の金属製で音を伝えやすい。

10ミリ程度のプラスターボードと中空の金属製の角パイプなので会話も音として伝わり易い。
それ故ビジネスホテルではコンクリートマイクが使える。

マンションの場合は隣戸との間は15センチのコンクリートで、音としての振動を伝え難い。

マンションの場合、戸内の部屋はプラスターボードが使われているが、軽量材ではなく木材で骨が組まれグラスウールは入っていない。

上下の階の音の伝わりも異なる。
通常、コンクリートマイクで上下の階の声を聞くことは出来ない。

その理由は、コンクリートの厚みと天井にある。

写真の様に、上階のスラブコンクリートの下に軽量剤が組まれ、その下にボードが張られる。
画像


マンション等では、軽量材ではなく木材で組まれている場合が多い。

天井の上(床)に厚さ30センチのコンクリートスラブがある。(スラブとは床構造と言う意味)
画像

※強度的標準は古いマンションで15センチ、最近は20センチ前後、それ以上の厚みは防音目的)

さらに、このコンクリートスラブの上に床が造られる。

しかし、上下の階の声や音が聞える場合がある。
写真には縦に二本のパイプが通っている。
画像

上下の階の声や音が聞える場合、主にパイプスペースが原因である。

ここはキッチンになる予定の場所だ。

このパイプが、プラスターボードで囲われて隠される為、音を伝えやすい構造になっている。

戸内のパイプスペースはキッチンとバストイレ部分にある。
因みに、水道管は音を伝え難いが、配水管は音を伝え易い。
理由は、水道管は水が詰まっているが、配水管は空洞になっている。

その為、配水管は伝声管の役割を果たして音を伝えてしまうのだが、伝え易い物と伝え難い物がある。

例えば浴室の配水管は、排水口の下から横にパイプが伸びて、上下の配水管に直接繋がっているので、音を遮る物が無く音を伝え易いが、トイレには水が溜まっているので水で音が遮られるので音を伝え難い。

洗面台やキッチンは、配管の途中にS字管が使われている物はそこに水が溜まっているので伝え難く、直管が使われている物は伝え易い。

マンションに於ける縦の配水管は、最上階から最下層まで通しで繋がっており、各階の排水管は床の下の横配管で縦配管に繋がっている。

上の写真で床部分に段差が付いているが、これをスラブ段差と言い、床下配管(横配管)をする為に段差が作られている。

上の階から見ると、この部分だけ床が薄いように思うかもしれないが、下の階ではスラブ段差の分だけ天井が下がる形になり、厚みは変わらない。
画像


このスラブ段差のある場所も、床のパイプスペースとなっている。
こうしたパイプスペースでは、コンクリートマイクで「会話」の声を拾いやすい。

その為、「どれほど聞えるのだろう?」とコンクリートマイクを購入した人は、構造の事を知らずに使う為、「聞える」と勘違いしてしまう。

パイプスペースと同じ様に音を伝え易い場所が、換気扇の排気ダクトである。
この写真で天井に銀色の太いダクト管が映っているが、これが排気ダクトである。
画像


この排気ダクトは天井を通ってベランダもしくは廊下で排気する。

稀に屋上排気しているマンションもあるが、それはパイプスペースと同じ様な構造になっている。

「どれほど聞えるのだろう?」とコンクリートマイクを購入した人が、天井でコンクリートマイクを使うと、自分の居る部屋の音とは異なる音が聞え、上の階の音と思ってしまう人もいる。

しかし、それは排気ダクトから伝わる自分のキッチンから伝わって来る音である。

この現象で面白いと言ったら失礼なのだが、勘違い妄想も起きている。

上の階からのコンクリートマイクによる盗聴を疑った人が、自室で天井にコンクリートマイクを当てて聞いてみた。
すると、TVの音声が聞えた。

それを、上の階の音声と思い込んでしまった。

しかしそれは、自宅のLDKで付けっ放しにしているTVの音声。
思い込んでしまうと、それが自宅の音声と気付けなくなってしまう。

こうなると、その人の頭の中では「チャンネルを変えると相手もチャンネルを変える」と言う事になってしまう。

この人のマンションは3LDKで、LDKはベランダ側、この人の部屋は廊下側、その間には押入れがあり、LDKの音は直接聞えない。

しかし天井の中には排気ダクトが・・・

因みに公営住宅では、床スラブに直接ペンキを塗って天井にしている所もある。
そうした所は、天井が低い作りになっている場合が多い。

スラブをそのまま天井にして、天井を下げれば建築コストを下げられ、低くした分階層を上げれば収益性を上げられるからだ。

そうした収益性を重視した建物では、スラブの厚みは薄く上の階の足音や家具を動かす音などが伝わり易く、音のご近所トラブルが起こり易い。

まあ、何にせよ「壁」や「床」は一様では無いのだ。
記事へトラックバック / コメント


街の中で盗聴電波を探すには

2010/05/14 10:07
TVで見かける街の中で盗聴電波を探す場合、サーチはかけずに周波数を固定させる。

レシーバーの受信周波数を主に398.605Mhz、399.030Mhz、399.455Mhzのどれかに固定する。
いわゆるAch、Bch、Cchと言われる周波数だ。


レシーバーを車に積み、周波数を固定して街中を走る。
すると、盗聴器の電波が飛んでいる所を通れば勝手に受信する。

市販のハンディーレシーバーを使う場合、付属のアンテナでも十分受信は出来るが、車外アンテナを取り付けた方が感度は良い。

盗聴器の電波を受信して聞くだけなら法的には何の制限も無いが、聞いた内容を誰かに話したら電波法違反になるので要注意。

また、車外アンテナを付けたくない場合は、アンプで増幅して感度を上げる方法もある。

但し、拾えるのは室内盗聴ばかりで、電話盗聴は滅多にお目にかかれない。
電話盗聴は電話をしていなければ電波は出ない、車で走っている近辺で盗聴器の付いている家の人が電話をしている確立は0に近い。

今まで、一度だけ電話盗聴の電波を拾った事がある。
その時に分かった事がある。
電話盗聴をされている家を特定する事は不可能に近いと言う事だ。

室内盗聴であれば、家を特定するのはさほど難しくは無い。
しかし、電話盗聴は別物だ。

電話盗聴は、電話線をアンテナとして電波を飛ばす。
その為、盗聴器が付けられている家の近くにある電話線全般から電波が出ていた。
アッテネーターで減衰させても、反応は変わらず盗聴器本体までの距離を測定できない。
その時の電話は15分ほどで切れた。
つまり、仕掛けられている家を特定する事は出来ないと言う事だ。

まあ我々発見業者は、家を特定するのが仕事ではなく、依頼された家の盗聴器を探すのが仕事なので、家を特定する必要は無いので、家を特定出来なくても問題は無い。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード

記事へトラックバック / コメント


赤外線投光器の簡単な見つけ方

2010/01/29 09:39
真っ暗な夜間撮影を可能にする物が赤外線投光器。

赤外線投光器の光はほとんど見えない。

それを簡単に見られる方法がある。

それがデジカメ。

試しに、携帯カメラを通してテレビのリモコンを写し、リモコンのキーを押せば送信部が光って見える。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック 0 / コメント 2


GS-27USB違法無線LAN

2009/12/23 06:02
GS-27USBと言う中国製の無線LANをテストしてみた。

この無線LANなのだが、一生ネットが無料になると言うふれ込みの怪しげな商品。
一生ネットが無料になると言うのは、他人の無線LANを不正使用するという意味である。

ご丁寧に、ハッキングツールまで添付してある。
そして何よりハイパワー。
半径3.6Kmのアクセスポイントを検知出来ると言う。

実験してみた。

アクセスポイントは表示されるが、どれくらいの距離にあるのかまでは分からないので、3.6Kmと言う性能までは確認は出来なかった。

私は無線LANを使用していないので、友人宅でハッキングツールを試してみた。
WEPは見事に突破。

WPAやWPA2は突破できない。


この無線LAN使い方次第では結構まずい事に使えそうなので、詳しくは書けない。


この無線LANの実験で分かった事は、WEPはザル、無線LANを使うならWPAやWPA2対応の物を使う事。
それよりケーブル使った方が無難である。

そして、この無線LANは日本では認められない出力の為、この無線LANを使うと電波法違反になる。










盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


電池について

2009/12/22 11:00
調査などに使う機種にはこだわりを持っている人でも、意外と電池に関しては無頓着な人が多い。

と言うより、電池はアルカリとマンガンと言う区別しか付いていない人ばかりだ。

100円ショップの等の安売り電池からエボルタ電池まで色々ある。
使用する電池次第で電池の持ちも違えば故障の原因にもなる。

量販店の安売り電池や100円ショップの電池は、同じアルカリ電池でも容量が少なく寿命がかなり短い。
今は生産中止になっているオキシライド電池は初期電圧が1.7V通常の電池よりも高いため、長持ちするからと言ってこの電池を使用して故障が多発した。

また買い置きしていた電池は年数が経っていれば自然放電で容量が無くなっている事もある。
それが量販店の安売り電池や100円ショップの電池なら尚更だ。

電気店で買って来る電池でも同じ事が起きている。
売れないお店は年数が経っている場合があり、買った時には容量が無くなっている事も稀にある。

電池は適材適所に使った方が良い。

私は調査の時には安売り電池を一回使いきりで使い、容量が残っている電池は時計やゲーム機用として使ったり、携帯充電に使用したりする。

ターミナルアダプター等の非常用バッテリーにはエボルタ等の高性能の電池を使用している。


防犯ブザーなどの商品で電池付きの物は、在庫期間に自然放電で容量が無くなっている物も多い。
時々、電池付きの商品の電池の容量が無くなっていて、交換した電池も容量切れのときもあるので注意が必要だ。
電池付きの商品には、必ず「テスト電池ですので交換」と言う注意書きかあるので、電池容量のクレームはクレームにならない。

クレームの前に電池チェッカーで容量を調べた方が良い。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


調査の服装

2009/10/16 11:40
服装が調査に影響する事もある。

私も昔は背広を着て仕事をしていたが、ある時電界調査の時に分かり難い南欧を示した事がある。
原因はワイシャツの色。

白や光沢のある衣服、そしてチャックやバックル等の金属部分で電波が反射していた。

それ以降背広は止め、黒のフリースの服で調査をする事にしている。

但し、黒の服を着用した時にはアンテナを触ると強い反応が出る。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


NFMをWNFで受信する

2009/10/10 13:15
NFMをWFMで受信すると、ハウリングが起こり難い。
この方法で受信すると、ボリュームをかなり上げないとハウリングしない。

この受信方法は、ハウリングさせずに盗聴器の音を依頼者に聞かせる時に使うテクニックだ。

しかし、この方法は裏のテクニックにもなる。
盗聴詐欺師が「お宅に盗聴器が付いています」と、自分で持っている盗聴器の音を聞かせて騙す時にも使われたりする。

被害者は、盗聴器がどれ程の音を拾うか知らないので、自分がしている会話が聞えて来れば信じてしまう。

NFMとWFMの表示はされているので、知っていれば一目瞭然なのだが、ほとんどの人がNFMとWFMが何かすら知らない。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


盗聴発見技術マニュアル

2009/10/06 20:19
情報ガードのCDマニュアル本の「盗聴発見開業マニュアル」の中の「盗聴発見技術マニュアル」だけの廉価版マニュアルで、基本的にはWEBで書いている事が主体だが、販売用マニュアルにはWEBでは書いていない「キモ」の部分も収録している。

画像


このマニュアルは、開業までは考えていないが専門的な調査方法が知りたい人向けのマニュアルだ。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


電磁波盗聴

2009/10/01 12:10
電磁波盗聴はテンペストとも呼ばれる盗聴方法で、パソコンから出る微弱な電波から情報を盗み見る技術の事です。
基本的な方法としては、200Mh〜1000Mhz広帯域アンテナを使用し、広帯域受信機で受信、その受信した電波の中から復調可能な信号を拾い出し、シグナルジェネレーターでVGA信号として復調する。
これが直接放射受信の方法で、もう一つ伝道放射受信と言う方法もある。
伝道放射受信はLANや電源ケーブルから出る電磁波を拾う方法で、復調方法は直接放射受信と同じ。
画像


電磁波盗聴は、盗聴と言う名前は付いてるが、盗聴ではなく電磁波の傍受になる。
また、放送局の放送を誰が聴いているのか分からないのと同じで、電磁波盗聴は誰かに傍受されているか分からない。
その為、調査より防衛が基本になる。
防衛方法としては、電磁波遮断フィルムなど色々な電磁波対策が有効である。
電磁波は光と基本的には同じ、光が通らない物は電磁波も通らない。
つまり、窓の無い部屋では伝道放射受信しか出来ない。


原理と対処法を踏まえた上で、私は電磁波盗聴には懐疑的な見方をしている。

電磁波盗聴テンペストは最新技術のように思われているが、テンペストの歴史を調べると、かなり古い技術である。

電磁波盗聴テンペストが生まれた時代背景を見ると、テンペストの別の側面が見えて来る。
テンペストが生まれたのは1970年代にNSA(米国家安全保障局)が開発した技術で、軍事機密として扱われてきた。
その軍事機密が2000年頃に学会で公開された事に端を発する。

西暦2000年頃と言えば、パソコンやインターネットが急速に普及した時代。
しかしこの頃のPCは、すでにVCCI規格で作られている。

さてVCCI規格とは?何であろう?

VCCI規格とは、パソコンやFAXなどデジタル技術が普及し、そのデジタル技術は広い周波数範囲の妨害波を発生し(電磁波)妨害波のレベルによっては、ラジオ・テレビ 等の受信機に障害を与えることがあり、この妨害波の問題を解決する為に、電磁波レベルを押える自主規制である。
その妨害波は私もFAXやコピー機で経験している。
若い人は経験が無いだろうが、年代の古い人はテレビの近くで電卓を使っただけでテレビが乱れた事を経験している人もいるだろう。
昔の電気製品はそれほどまでに多量の電磁波を出していた。
電磁波盗聴テンペストはそんな時代の代物である。

その電磁波を自主規制するVCCI は1985年からスタートしている。
つまり、VCCI規格の以前のコンピューターの電磁波レベルは、テレビやラジオに影響を及ぼすほどの電磁波がでていたと言う事でもある。

電磁波盗聴テンペストは、VCCI規格の10年以上も前の技術だ。
当時のコンピュータを偲ばせる映像がある。
私がし中学生の頃に夢中になっていたTV番組「謎の円盤UFO」である。

当時のコンピュータはまだオープンリールの磁気テープを使用していた時代だ。
当時のコンピュータの電磁波レベルであれば、電磁波盗聴テンペストも容易だっただろう。

しかし、1985年以降VCCI規格の製品が一般化すれば、電磁波盗聴テンペストを行う事は困難になり、使えない技術になった為に軍事機密でなくなり世に出たと考えた方が無難である。

その為、電磁波盗聴テンペストが知られた時には、2メートル程度でしか受信できなかった。
電磁波盗聴テンペストの現状は、研究者が今の商品規格では受信できなくなった物を、強引に受信しようとしている様に思える。

電磁波盗聴テンペストが可能と言う事と、電磁波盗聴テンペストが行なわれていると言うことは違う。
可能であっても、使えなければ意味は無い。

世の中面白い物で、現実的にはできない事であっても、可能性があれば対処しようとする。
そこに新たなマーケットが出来る。
そのマーケットを拡大させようと思えば、脅威を作れば良い。

その脅威は、どんな大掛かりな機材を使ってでも受信出来る事を証明すればよい。
実験では大掛かりな装置を使っていても、一言こういえば言い「特殊な装置を使えば・・・」
しかし、実験に使っているのが特殊な装置であって、現実的では無いのだ

ネット環境の充実した今のパソコンはそんな事をするより、ウイルスやスパイウエアやハッキングした方が、手っ取り早いしコストも掛からない。
しかも、モニターに表示されている画面を見るのではなく、HDDのデータ自体を盗める。









盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


電話盗聴器は屋外でも仕掛けられる

2009/09/30 14:08
電話盗聴器は屋外でも仕掛けられる場所がある。
と言うより、屋外の方が仕掛けやすい。

電話線は電柱の一番下もしくは下から2番目が電話線で、その電話線から端子函から分岐されて家に引き込まれている。

画像


家の前の端子函は仕掛ける一つ目の仕掛けのポイントだ。
二番目は、一戸建ての場合は保安器になる。

画像

これは、クリーム色の保安器で、中にはプラスチック製の部品(ヒューズ)が入っているが、この偽装品もあるので目視では分からない。

クリーム色の保安器の外にグレーの保安器(古いタイプ、円筒形の保安器もある)も存在する、グレーの保安器には円筒形のヒューズが入っている。

画像

このタイプの偽装品盗聴器も有り、これも目視では分からない。

NTTに盗聴の依頼をした場合、目視になるのでこうした偽装品を見つけ出す事は出来ない。

集合住宅の場合、保安器は付いておらずMDFと呼ばれる集合ボックスが付いており、そこに仕掛けられる。

画像


ちなみに、端子函は電柱二本目まで行くと仕掛けるのは困難を極める。








盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
音に対する知識(出力と周波数)
時折、TVで超低周波被害の特集が組まれたりする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/09/27 11:28
音に対する知識(干渉)
かつて一度だけ有った事例だが「会議の録音テープなど自分が録音テープだけ聞えなくされている」と言う物が有った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/26 12:00
音に対する知識(屈折)
時折ある相談で「有り得ない音が聞える」と言う物がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/25 12:42
音に対する知識も必要(素材編)
盗聴発見と言う仕事をしていると、様々な依頼者と出会う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/24 18:15
電波の周波数帯の性質と用途
電波は周波数帯によって性質と用途が異なる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/24 13:20
電界強度計を使った調査方法
電界強度計で盗聴器を調べる調査を、電界調査と言う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/21 18:35
ハウリング法
TVの盗聴番組で見かける「ハウリング法」 メインで使う盗聴発見法だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/20 14:54
電話盗聴器の仕組みと誤解
電話盗聴器の仕組みと誤解 電話盗聴器は電話のシステムから理解する必要がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/15 18:45
技術開発
はっきり言って、すでに「都市伝説」のデジタル盗聴。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/14 18:35

トップへ | みんなの「技術系」ブログ

お知らせ

  • 集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール [Kindle版]販売開始
  • 初心者用 盗聴・盗撮発見マニュアル
    盗聴お悩み相談所 技術系のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる