盗聴お悩み相談所

アクセスカウンタ

zoom RSS 盗撮を語る電話

<<   作成日時 : 2010/10/07 11:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

数年前、盗撮を語る悪戯電話が多発した。

パターン1
ビデオ業者を名乗る者から電話がかかり、貴方のご主人に「盗撮カメラを貸し出した」と言う所から始まる。
その盗撮カメラで写した貴方の映像がご主人から持ち込まれている。
ビデオ販売する為に本人の同意が必要なので確認の電話です。
そんな事を言って来る。

当然「困ります」と言う事になるのだが、機材の貸し出しは販売出来るビデオを撮影する為に無料で貸し出し特殊な機材なので、ビデオが販売出来なければ高額な貸出料がかかると脅してくる。

そして、金も払えない、ビデオの販売も困るなら、言う事を聞けと脅す。


パターン2
探偵を名乗る者から電話がかかり、貴方の家の調査の依頼を受けて、その時に貴方の家に隠しカメラを仕掛け、トイレや入浴シーンの画像も有ると言う。
そして、そのビデオをばら撒かれたくなかったら言う事を聞けと言って来る。


どちらも、オレオレ詐欺の類でしかない。
いや、これは詐欺ではない。
会う事を強要され、指定の場所に行っても来る事はない。

これは愉快犯であり、元々カメラなどは仕掛けられていない。
被害者の話から推測すると、女性の泣き叫び懇願する声を楽しんでいる節がある。


技術的な側面から見ても、個人宅での盗撮カメラの設置には、かなり無理がある。
また、探偵が調査の為に不法侵入してカメラを設置する事など有り得ないし、トイレにカメラを仕掛けて何を調べるのか?
その時点で依頼されて調査をしたと言うのは嘘で探偵と言うのも嘘と言う事が分かるのだが、見られたくない映像を写されたと思い込まされる事で、理性を奪われ正常な判断力を無くしてしまう。


そんな電話がかかってきたら、相手をしない事。
留守番を頼まれているとか言って、当事者でないフリをする事である。









盗聴器・盗撮カメラ発見と防犯の情報ガード





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お知らせ

  • 集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール [Kindle版]販売開始
  • 初心者用 盗聴・盗撮発見マニュアル
    盗撮を語る電話 盗聴お悩み相談所/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる